足の臭い防止のための、雑菌が繁殖しにくい環境作り3つ

足の臭いの原因は、雑菌が繁殖しすぎることです。

従って、その雑菌が繁殖しにくい足元の環境作りが大切です。

その足の臭いを防ぐ3つの環境作りについて説明します。


①靴のケア

靴の中の湿気を取り除くことが重要です。

洗えるスニーカーなどは定期的に丸洗いし、風通しのよいところで天日干しします。
革靴など洗えないものは、連続して履かず、1日履いたら2日以上風通しのよいところで陰干しするようにします。


②靴下のケア

足の臭い対策としては、靴下は除菌することが重要です。

臭いを取るコツとしては、重曹(大さじ2~3)を入れた水に一晩つけ、手洗いしてすすいだ後に、除菌力の強い洗剤で洗濯するとよいでしょう。

洗濯後は、アイロンを当てて熱による除菌も行いましょう。


③足のケア

古い角質や古い皮脂などの汚れを洗い流すことが重要です。

足はシャワーよりは足湯などでしっかり湿らせると、汚れが浮き上がり落としやすくなります。そして、石鹸をよく泡立てて、手でやさしく足指の間などを洗い、しっかり流してください。

また、洗った後は、清潔なタオルで指と指の間までしっかりと水分を拭き取り、湿気を残さないようにしましょう。